【プレハネ14カ国目】アルメニアの観光!神聖な雰囲気漂うゲガルド修道院へ

スポンサーリンク
ゲガルド修道院 アルメニア

皆さん、バリオール!
プレハネのまなみです!

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

(投票されてランキングが上がります
 ※怪しいサイトには飛びません)



昨日イランを抜けて、プレハネ14カ国目となるアルメニアに入国しました。

さっそくエレバンの観光に行ってきます‼

「ノアの方舟」で有名なTatev教会にも行きたかったのですが、少し遠かったので断念。

私たちはゲガルド修道院とシンフォニアと呼ばれる奇形と岩肌を見に行きました‼

まずは宿近くのパン屋さんへ‼

ゆきはパン屋さんが大好きなので、見かけたら必ず入ります(笑) 将来は近くに美味しいパン屋さんがあるところに住みたいねって話してます(´∀`*)笑

ここで「アルメニアトラディショナルブレッド」と説明を受けた甘いパンを購入!!

これが大当たりでめっちゃくちゃ美味しかったです♡ 日本であったら買うし、どこかで売ってないか探すレベル。

アルメニア滞在中、何度も食べました(笑)


バス停まで街ブラ気分で散策!!

ホント、ちょっとしたヨーロッパのような街並みです。

こんなところにもメイソウが。

バス停に着きました。

場所はここ。
ケンタッキーのすぐ目の前です。

ここからメルセデス・ベンツのある場所まで向かい、そこからミニバンに乗って行きます。

写真は撮れませんでしたが、車内はパンパン。座席は1つも空いてない状態で2人乗り込めと言われ、乗ったらギッツギツに詰めてなんとか座れました(笑) この後も人は乗ってきたけど。。

車内から見える穏やかな景色。



場所は適当なところで降ろされてしまうので、そこから歩くかヒッチハイクしかありません。

少しだけ歩きながら、ヒッチハイクをスタート。

あっさり止まる1台目。

あれ?
チョロすぎん?

って思ったら、一般車の見た目のタクシーでした笑

そりゃ止まるか(笑)


ゲガルドに到着です!!

入口前に例のアルメニアトラディショナルブレッドが売ってありました!!

見た目はかなり違いますが、試食させて貰えて味は同じ。

このパンを食べにまたアルメニア行きたいと思えるほど美味しいので、行ったら是非食べてみて欲しい!!

入口

おぉー!!

右上の山肌にある十字架がなんだか神秘的


なんだかフランスのモンサンミッシェルのてっぺんを思い出す石造り。




ゲガルドはアルメニア語で「槍」を意味し、キリストの脇腹を刺したと言われる「ロンギヌスの槍」の一部が発見され、4世紀までこの修道院に保管されていたそうです。

小学生の時に読んだ、少し胡散臭いキリスト教本には「キリストは日本で息絶えた」だなんて嘘っぱち書いてありましたけどね(笑)

小学生で「生きる」ということに小さい頭をずっと悩ませて、聖書まで読んでしまった時期がありました(笑)


階段の上から賛美歌のような歌を歌って沢山の人が降りてきました。

私たちも階段を登ってみると、左手は沢山の十字架模様が彫られています。

この写真の真ん中の小窓を覗いてみると…

ひぃっっっ!!!!

赤いシミが血のようにも見えてなんだかホラー。



気を取り直して観光!!

教会の中に入るとちょうど陽の光が差し込み、神々しい雰囲気でした。

神聖な雰囲気を醸し出すロウソク。

たくさんのキリストの絵が祀ってありました。

石に手とおでこを当てて、パワーを貰っているのでしょうか。

かっこいい柱。

私、なんでか分からないけど、アルメニアのこのキリル文字にとっても魅力を感じました。

こんなに美しい文字、見たことないな。


教会を堪能して、外に出て教会全体が見渡せそうなビュースポットを探します。

橋を渡って

ていうか、何でこんなに色々括りつけてあるんだろ? ゴミも括りつけてあったけど(笑)

防空壕のようにポッカリと空いた穴を横目に見ながら、足場の悪い雑木林を進みます。

なかなかの傾斜なので、手も使いながら登っていくと…

おぉー!!
これぞビュースポット!!

決して大きい教会ではありませんが、周りの風景と綺麗に溶け込んでる感じが良いですね。

下から「あんなところに人がいるー!」って指を差されはしますが、人は殆ど登ってきません。


普段なら建造物よりも自然派の私ですが、この修道院は回りが自然に囲まれていてとても良かったです!

さて、ゲガルド修道院を後にして、次はシンフォニアを見に行きます。
長くなったので、次の記事に続きます!


読んでくれてメルスィ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました