イランの魅力たっぷりシーラーズ!ピンクレイクに行ってきた

スポンサーリンク
ピンクレイク イラン

どうも、サラーム!(イランの挨拶)
プレハネのまなみです!


今日はイランの首都、テヘランからバスに乗ってシーラーズまで向かいます。

行き方はゆきが書いたこちらの記事をご覧ください。

テヘランからシーラーズ(イスファハーン)へのバスでの行き方の徹底解説!
皆さん、 サラーム(イランの挨拶)!プレハネのゆきです。こちらの記事ではテヘランからシーラーズ(イスファハーン)へのバスでの行き方のご紹介をします。シーラーズ(イスファハーン)へ行く方法テヘランからシーラーズ(イス...



シーラーズはイランを観光で訪れる人は殆ど行く場所で、私もオススメの街です!


早速、滞在していたホステルを出て電車に乗り込み、バスターミナルへ。

電車がポールスミスっぽかった(笑)


payane-e jonub駅に到着して、歩いてバスターミナルへ。

バスは沢山並んでいたのですが、バスチケットを買える場所が見当たりません。現地人に尋ねたところ、大きな筒状の建物の2階で買えるとのことだったので半信半疑で行ってみると…


ありました!!


ここからのチケット購入までが、まー大変(笑)

思いの他、どこもシーラーズ行きのバスを扱っていない!

これは1軒ずつしらみつぶしに聞いていくしかないな、と思ってメインのバックパックをターミナルの席に投げおいて、1軒ずつ調査開始です。


が、

ない。

ない。

ない!!!!!


途中でバスを出しているところも見つけましたが、出発までかなり時間があったり。。。 そして、結構英語が通じないので大変です。


ずっと探しながら尋ね歩いて、気が付くと筒状の建物を一周していました。



それなのに!!!!!

置いていたはずの場所にバックパックがありません!!!!!



えーーーーー( ;∀;)


周囲の人に確認するも、皆さん「知らないよ~」って。そうですよね。。

結局、大きな荷物だったりテロを警戒されたのか、警備員さんがオフィスに持っていってしまってたようです。


無事、手元に帰ってきました!
良かった~



結局、シーラーズ行きのバスをしらみ潰しで見つけ出し、チケットGET☆

イランはバスが発達していて、快適な長距離バスも1000円ちょいなのが素晴らしい!

チケットはペルシャ語でさっぱり読めないので、出発時間と座席くらいは窓口で確認して数字で記載しておいた方が良さそうです。

※支払いは米ドルやクレカは使用できません。
(逆の区間は米ドルOKの会社もありました)

私達は手持ちのイランリアルが不足していたので、ターミナルで働く現地人に悪いレートで両替をしてもらうしかありませんでした。

(サラッと書くけど、この間にゆきは1人で駅にも行ってシーラーズ行きを探してきてくれましたが、数日先までずっとFULLで予約できない状況でした)





時間までターミナルで待って、バスに乗り込みます。イランは長距離バスでこのようなお菓子パックをくれるところが多いです。

ジュースは常温ですけどね(笑)


バス移動はだいたい14時間ほど。
イランのバスはVIPバスが多く走っていて、座席はゆったりめです。バスによってはWi-Fiもあったり、モニターがあったり。


荒涼とした大地をみながら。


8時間ほど走ったところで、食事休憩がありました。

私達はいつも休憩スポットではお金が張るので食べないのですが、現地人の方がフルーツを分けてくださいました。

いつも思うけど、特に発展途上国の人こそ凄く分け与えてくれるし、鞄にそのまんまフルーツが入ってる率がかなり高い(笑)

美味しくいただきました!




さらに走ること、約5時間。

シーラーズのバスターミナルに到着しました。

時刻は夜中の2時。
夜が明けるまで宿にチェックインできそうにないので、バスターミナルで野宿です。




室内の待合所なんかは夜中は全て施錠されており、野外のベンチで寝るしかなさそうです。しかし、結構な寒さ。。。

礼拝室が1カ所だけ開放されていて、大勢の人がそこで雑魚寝をしていたので「ここで良いじゃん!」って思って、部屋に入った瞬間、なかなかキツめの異臭が鼻を突きます。

ほんとにホームレスのあの匂い。



この中で寝るのはきつそうなので、結局寒さに凍えながら外で寝ました。(実際は寒さで一睡もできず。笑)




さて、夜が明けて予約していた宿「Niayesh Boutique Hostel」に行きました。ここは言わずともしれた朝食が豪華の有名宿。

チェックインして早々、まだ1泊もしていない私達に朝食を食べさせてくれた神宿です。

そして、噂は本当でした…。

なにこれ…

ホテルじゃん。。。

ここは宿泊客に対して朝食を用意してくれますが、普段は地元でも人気のレストランとなっています。つまり、レストランクオリティの朝食を無料で戴ける!!


他の宿より少しだけ値段はするけど、人気なのも頷けます。



お腹いっぱいに食べさせていただいたところで、観光の計画!

シーラーズで行きたいと思っていた場所はピンクモスクとピンクレイク。

ピンクモスクは朝日が綺麗に入る午前中の時間に行くのがベストらしいのですが、この日はバス移動で疲れ切ってしまっていたので、しばらく休んでから夕方にピンクレイクに行くことに!


ピンクレイクは公共交通機関では行くことが出来ないので、ホテルでタクシーを手配してもらって行ってきました。

3時間の貸し切りで16ドルくらいだったかな?




世界中にはピンクレイクと呼ばれる湖がいくつかあり、シーラーズもその一つ。


行ったのが10月中旬だったのですが(ブログ遅れてるので、必死に書いてます(笑))、この時期はピークを過ぎてしまっていて、ピンクには見えるけどかなり干上がってるから湖は小さいよとのことでした。

一応、綺麗に染まるらしい時間を狙って3時頃に宿出発。

街から一時間ほど走ります。

車内はイランミュージックがガンガンにかかっていました。

ほどなくして、ピンクレイクに到着です!


おーーー!
本当にピンク!

山のリフレクションがとても綺麗です。



水辺の近くは塩がゆるんでしまっていて、近づくと「サクッ」と音をたてて塩が割れ、足が沈みます(笑)

割れた断面は、和菓子でありそう(笑)
美味しそうな抹茶♡



今の時期のピンクレイクは干上がったせいで、かなり規模が小さくなっていて、まるで「いけす」のようでした(笑) 写真じゃ分かりにくいですが綺麗な正方形型だし。


おかげで、干上がって顔をだした土手があるのですが、その畦道を隔てて、綺麗に左側が塩の大地、右側が塩湖になっていました。



女子っぽいことしたくなっちゃう♡(笑)

このピンクレイクは夏がベストなようで、私たちが行った時は他の観光客もチラホラいるだけでした。

ピンクレイクの周りもゆっくりとしながら1周歩いたりして、40分ほどで見終えて宿に戻りました。



この日は移動疲れがまだ少し残っていたので、宿に併設されているレストランでご飯!!

とある方のブログで見かけた、ナスを使ったシーラーズ料理がとっても美味しそうだったので、2人とも注文!!

料理名は「ホレシュテバーデムジャーン」と言うそうです。

何その呪文料理。。。

私、ナス好きなんです…。
揚げても炒めても美味しいですよね…♡(笑)

出てきたのがコチラ!!

肉も入ってるけど、とにかくナスがメインで、そのナスがとろけてて、とっても美味しかったです!!

ナスのシチューって感じで日本人の口にかなり合うと思います!!

ご飯食べたら、既にホテル内なのですぐ部屋に行けて楽ちんですねー♪ 料金もチェックアウトの時にまとめて払えばいいよーって感じなので楽!!

この日は早めに休んで、翌日はステンドグラスが美しいピンクモスクに行ってきます!

読んでくれてメルスィ!




世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました