シーラーズのピンクモスク!忘れられないステンドグラス

スポンサーリンク
ピンクモスク イラン

皆さん、サラーム!
プレハネのまなみです!


世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

(投票されてランキングが上がります
 ※怪しいサイトには飛びません)


さて、今日は個人的にイランのハイライトである「ピンクモスク」に行ってきます!

今日も宿で美味しい朝食を戴きました。

ゆきの中でこの宿は今までの旅の中で、だいぶ上位に君臨したみたいです(笑)

朝食が理由で(笑)

私にとっても、朝食はここがNo.1ですね!!

ピンクモスクは私たちが滞在しているNiayesh Boutique Hostelから歩いて20分ほどのところにあります。

歩いていると、たくさんの現地人に「Welcome to Iran」と言ってもらえます。

子供にさえも。

歓迎を感じられると嬉しいですね。旅人に親切なイラン、こういった一つ一つのところから滲み出て感じられます。

ピンクモスク、着いた!!

「ヒジャブはマストですよー」って。

イランでは女性は外出する時は常にヒジャブと呼ばれる布を頭にかぶっておかないといけません。外国人観光客も例外なくマスト。

どうやら頭を隠すのは、男性の性的欲求をかき消す為とかなんちゃら。

いや、どこに興奮してんねん!!(笑)

イラン人の男性はいやらしいのでしょうか。。。

まぁ、そんなことはさておき。

チケットは1人300リエルで、午前中いっぱいは再入場可能だそうです。


美しいステンドグラスで有名なモスクに入ります。

足を踏み入れた瞬間、息を飲みました。

えぇ…
めちゃくちゃ綺麗。。


8時or7時半に開くと聞いていたので(季節によるらしい)8時前に着くように行きましたが、その時点でまぁまぁ人がいました。


人のいない綺麗な写真を撮りたかったら7時半前には来ておいた方が良さそうです。
各自のセルフィー大会になってました。

※9時を過ぎると人が急増します

ステンドグラスの光がワンピースに届き、風景に一体化。

時間と共に日差しの角度で、光が伸びていきます。

柱もステンドグラスでおめかし。

綺麗なステンドグラスにばかり目が行きがちですが、天井も素敵。

薔薇が沢山描かれているので、ローズモスクとも呼ばれています。

観光客を観察していると、皆さんひたすらセルフィー(笑) カップルにおいてはどの男性も、女性のカメラマンで忙しそうです(笑)

ゆきにもたくさん撮ってもらいました♡笑

ひと休みするゆき(笑)



中国人の観光客に撮って頂きました♡




9時前にどんどんと人が増えてきたのでモスクを出て、中庭のようなところを散策です。

モスク内は天井だったので近づいて見れませんが、外では至るところで壁に薔薇が描かれてるのがよく分かります。

また天井、蜂の巣みたい!!
集合体恐怖症!!

ウズベキスタンのモスクがブルーからピンクになったような感じでした。

敷地は広くはないので、ピンクモスクを見る時間+30分もあれば充分です。



お土産屋さん。

こういう、ちょっとした絵がすきなので5ドルで購入してきました♡

将来、ゆきとのお家に飾るぞ( ˙˙)!

一通り見終えたので9時半頃にはピンクモスクを後にして、バスターミナルへ。

弾丸ですが、私たちは今日アルメニアに向かうべく、まずはテヘランに行きたかったのでチケット探し!!

到着した時にゆきが目星をつけていてくれたので、今回はサクッと買えました。

移動とかはいつもゆきが沢山調べてくれて、私はほぼ着いていくだけで申し訳ない

私、まともに地図も読めないし(これでよく前回、南米一人旅したよな笑)

ゆきに感謝です!!


バスの時間までは宿のカフェ的なところでダラダラ。

イランで売られてるコーラ。

アメリカと仲悪いのに、普通に売られてました(笑)

時間になったので、シーラーズでラストアイスを食べてバスターミナルへ。

夜行バスですが14時間ほどかかるので、ホットドッグ購入。

これが冗談かと思うくらいデカかった(笑)

イランのファーストフードってサイズがホントにおかしい(笑)

2人で食べてお腹いっぱい!!

イランのVIPバス(1000円ちょい)ですが、座席が今までで1番ゆったりしてたので割と楽に寝れました。

それではテヘランに向かいますー!!

読んでくれてメルスィ!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました