【プレハネ39カ国目】北欧旅終了、ついにデンマークへ!

スポンサーリンク
デンマーク

皆さん、グダーグ!(ノルウェーの挨拶)
プレハネのまなみです!

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!


駐禁切られて警察に罰金払ったり、iPhone紛失して空港で土壇場でポリスレポートもらったりとトラブル続きで警察にお世話になりっぱなしのノルウェー最終日…(笑)

この濃い一日はなかなか忘れることができませんね!涙


ノルウェー最終日は北欧最終日。
昔から漠然と憧れがあった北欧を回ることが出来て本当に満足です!

特に具体的な理由もなく憧れていたので、勝手に北欧のイメージが自分の中で先行していてイメージと大きくかけ離れていることも自分の目で見れて実感しました。

本当にどの国も行ってみないと分からないもんです。

大して興味なかったけど行ってみて惚れ込んだ国もあるし、期待していたのに正直ガッカリしてしまった国だって勿論あります。

それでもやっぱり大切なのは自分の目で見て、耳で聞いて、空気に触れて、人を感じて、自分の感覚で確かめることですね。

自分で現地に赴いて見てくるのも大事だけど、そこで自分が何を感じるのかがより大切だと私は思います。

しかもそれが行くタイミングや誰と行くかで変わってくるのでまた面白いものです。



色んなことを考え、iPhone紛失のショックからなかなか立ち直れずにいる最終日(笑)

ベルゲンの空港から今度はデンマークのコペンハーゲンへのフライトで旅立ちます!

今回利用したのはWizz AirとRyan Air。

ベルゲン⇨グダニスク(ポーランド)までWizz Airで16000円位。
グダニスク⇨コペンハーゲンまでRyan Airで8500円位。

費用は2人分トータル2万4500円位でした。
荷物は確か私の分だけ預けてます。


注意すべきは、Ryan Airは事前にオンラインでチェックインして送られてくるEチケットを必ず印刷する必要があります!!

印刷して持ってこないとペナルティで50ユーロ以上の罰金です!!!!!


痛すぎますね、50ユーロ。
絶対にそんな無駄金払いたくない。。

まなゆき
まなゆき

必ずチェックインとプリントアウト忘れずに!!



無事、ポーランドのグダニスク空港に到着。

ただのトランジットではありますが、航空会社が変わるので残念ながら一旦出てきて荷物をピックしなければなりません。

それが短時間ならまだ良いんですけどね…
普通に夜着の朝発なので、今回も空港泊決定です。


ご飯食べようにも空港内はやはり値段が高い。
マックとか近くにあるって聞いてたのに、タクシーの距離らしい。

フライトがあったので私たちも大した食材を持ち運べず、手元にあったのは袋のインスタントラーメン…。

お湯も貰えそうになければ器も何も持っていないので、このまま乾麺に粉かけてかぶりついて食べました(笑)

何かいくら食べ物や手段がなかったとは言え、女としての大切な何かを失った気分。


ゆきは「意外にイケるわ!」って言いながら普通に食べてました…バックパッカーとしての肝が据わってる。格がちげぇ。

実際のお味の方は…意外にイケました(笑)


2人でこれ1つしか食料なかったし、水だけどうにか空港プライスを睨みながら買ったので、あとは水でお腹膨らまし。

そして、今日の寝床。

駅や空港で野宿をする方なら分かってくださると思いますが、コレいっちばん寝にくいやつ!!!

それぞれ1席ずつご丁寧に手すりがされているので、全く体を伸ばせないんですよね。

ハズレの空港でした(←空港で寝かせてもらえるだけ有難い)


2人ともなんども体制を変えながら寝ようとしましたが、明かりもずっと煌々とついていて私はほぼ一睡もできず。



朝になり、ようやくチェックイン!!!

腹ペコの私達がまず一目散に向かったのは、勿論ラウンジ♡

第二ターミナル、Exective Lounge

広々としたラウンジですが、早朝だったので食べ物は少な目。

フルーツとお菓子が殆どで、後に少しだけサンドイッチが出てきました。

飲み物は一応ひととおり揃っている感じ。

満足度は低めのラウンジですが、私達は空腹だったのでとにかくある物を食べさせていただきました(笑)


時間になったので搭乗口へ。

すみません、いつもiPhoneを振り回して写真撮りまくっている私のiPhoneがないのでこのへん何かと写真が少なめ。

なんならレンタカー旅の途中からクラウドにバックアップとれていなかったので、オーシャンロード以降はGoProとゆきの少ない写真しか残ってませんでした(笑)


デンマークのコペンハーゲンに到着!

撮った場所が悪いのか、全然「デンマークです!」って主張がない空港。

空港からは地下鉄で市内まで行くことができます。

ちょっと行き方が難しかったので、職員さんに助けてもらいながらチケットを購入。

カラフルで可愛いチケット♡


コペンハーゲンもなかなか物価が高く、宿代もバックパッカーには決して優しくありません。

ですが、コペンハーゲンにも救世主のA&O Hostelがありました!!!!!

a&o Copenhagen Nørrebro, コペンハーゲン, デンマーク
コペンハーゲンの賑やかなノアブロ地区に位置するホテルで、ビスペビアウ駅までわずか220m、パルケン・スタディオンまで2.

A&Oは立地や設備、清潔感など一定の水準を必ず保っていて、どの地域でもほぼ最安の宿なのであれば毎回利用していました。

ベッドは奥のダブルベッドが空いていたので迷わずそこ!

このダブルベッドってカップルとか家族以外は非常に利用しずらいと思うんだけど、需要あるのかな?笑

1人旅でそこしか空いてなくて知らない人同士とかホント嫌だし(笑)



この部屋で「一人旅も海外も初めてなんだ!ゲストハウスってやつの使いかたを教えてくれないか?」っていう初々しくて可愛らしいロシア人の男子高校生や、ラーメン屋を回りながら世界一周中の日本人男性とも出会いました。

その日本人男性と私はちょうど同い年でとっても話しやすく、滞在中はよくお喋りしてました。

明るくて元気がよくて、誰とでもすぐに打ち解けられそうな人懐っこさを持っています。その人柄のお陰か、旅先の色んなラーメン屋さんや日本食屋さんで一緒にキッチンに立たせてもらえることも多いとか。

話を聞く中で、「この人は本当に旅に向いてる人だなぁ」って強く思いました。

アフリカのあのヨハネスブルグ(治安最悪)で現地人と喧嘩したって聞いたときは恐ろしくてヒヤヒヤしましたが、トラブルも楽しめるマインドとか、「ご飯は食べれれば!寝床も寝れさえすれば!」みたいな良い意味での生活水準の低さ、人見知りせずにその時々の人との出会いを楽しめる姿勢など…本来元々持っている彼の性格が本当に旅向き。

バックパッカー精神の欠片もなく、不向きな私には見習いたいとこばかりでした。

つい彼の話が長くなっちゃった!笑


コロナの影響で帰国できたのか分からないので、また連絡とってみよう(笑)

機会があれば、また再開して旅話に花を咲かせたいと思える旅仲間の一人です。



さて、この日の晩御飯は…!

昨日も乾麺かじり、その前の3日間は車中泊続きで冷たいパンやゆで卵のみ、その前はインスタントラーメン、その前は夜行列車でパンとお菓子。

最近ろくなもん食べてないので、米と肉をしっかり食べたい!!!!

結果、はやる気持ちが前のめりになった結果雑に作った・・・

これなんだっけ?

生姜焼きか、肉野菜の味噌焼きがどっちがだったと思います(笑)
写真で見分けがつかない(笑)

でも、久しぶりの温かい食事ってだけでとっても美味しかった・・・♡

満足満足っ!



さて、コペンハーゲンも弾丸で抜けることになるので、明日は1日かけて街ブラ観光に行ってこようと思います!


読んでくれてタック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました