【プレハネ30カ国目】温泉大国のハンガリーで芯から温まる!

スポンサーリンク
ハンガリー

皆さん、ヨーナポト!(ハンガリーの挨拶)
プレハネのまなみです!

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

スロバキアを弾丸で抜けて、プレハネ30カ国目となるハンガリーにやってきました!

ハンガリーと言えば私の中では「ハンガリー舞曲」しかパっと浮かばないのですが・・・(笑)

実は温泉大国!!!
国内の源泉数は80か所以上!

日本人は温泉好きな人多いですよね!
私も昔から湯舟に浸からないと体が温まりません(笑)




「ブタペストの温泉」で少し調べただけでも出てくる出てくる・・・なかなかの数の温泉があります!

私達はその中でも人気のある「セーチェニ温泉」に行ってこようと思います!



少しだけ街ブラしながら温泉を目指します!

ブタペストの後はセルビアのベオグラードに行く予定なので、セルビア行きの電車を事前に確認するべく駅へ。

事前の他の方のブログで調べたら電車でセルビアに行けるとの情報でしたが、どうやら今は電車がなくなってしまってるようです。ブタペストに到着した時と同じバスターミナルからバスが出ているとのこと。

ドイツ、オーストリア、チェコなどと比較的観光客が多い国のルートは簡単に見つかりますが、少しコアな国になると情報が一気に減るので自力で情報収集が必要になりますね。


温泉への道中。

私の中でハンガリーのイメージカラーは紫で豪華なシャンデリアとか煌びやかなイメージがあったので、この家具屋さんはまさしく私のハンガリーのイメージ通り(笑)

英雄広場。
ヨーロッパによくある広場。神聖な場所なんだろうけど、どこの広場も同じように見えてきてしまうので歴史の勉強が必要だなと感じる次第です・・・。

ヴァイダフニャディ城。

先ほどの広場の近くにあり、周りにはマーケットが細々と開催されていました。




そして、こちら。

この立派な建物、議事堂か何かかと思いますよね??

なんと、これがセーチェニ温泉!!(笑)

こっちは大衆浴場の入り口ではないので(個室やサウナのみ)、ぐるっと回って反対側のサーカス会場の目の前から入ります。

なにこれ・・・
私の知ってる温泉じゃない(笑)

初めにチケットを購入します。
入場料は1人2100円程。

結構並んでたので、その間にお腹が空いてしまった私はサーカスの屋台でケバブを購入(笑)

ゆきは小食なのに私だけ食いしん坊(笑)

ちゃんとお肉も入って美味しいケバブだったのに、ソースのせいで全然見えない(笑)

チケットを購入したら、それぞれリストバンドを着けて男女別れたロッカールームへ。

世界一周するくせに水着を持ってきていない私達(笑)

ゆきは乾きやすい短パン、私もデニムのショートパンツにタンクトップで入りました!格好は裸じゃなければ割と何でも大丈夫そうです。


2人とも着替えて、さっそく大浴場へ!

思わず「うわぁ」と声が漏れてしまいました。
温泉も様式になるとこんなに雰囲気変わるのか…。

ここがセーチェニ温泉で一番有名な露天風呂です。

水回りではやっぱりGoProが強い!

それよりもゆきの首の日焼けが気になるけど(笑)

肩までしっかり浸かれて温かいんですが、外気との差がありすぎてなかなか上がることができなくなります(笑)

この奥の建物に沢山のお風呂があるみたいなので中へ!

セーチェニ温泉には露天風呂が3カ所、屋内風呂が15カ所もあります!

それぞれ露天風呂に比べるとインパクトには欠けますが、沢山のお風呂を入り比べるのは楽しいですね。

なんか、召喚されそうなゆき(笑)
アジア人は全体的に少なかったな。

お風呂の温度は正直、ぬるめ。
最高でも38度が一番熱いお風呂でした。

そういえば、宿で出会ったベルギー人のデイビッドに「一緒に温泉入ろう!38度のところで待ってるね!」と言われていたのですが、時間が合わず出会えることはありませんでした(笑)

「38度で会おうね!」だなんて、一生で二度と使わない待ち合わせのフレーズでしょう(笑)


最後はやっぱりあの露天風呂!

暗くなるとライトアップされるので、雰囲気が変わりますね。

夜は湯煙がはっきりするので、あっちでいちゃいちゃ、こっちでいちゃいちゃ(笑)

さすがは外国人(笑)
日本なら白い目で見られそうなのに、見てる人もお互いに触発されてエスカレートしていく(笑)

屋外にはアルコールを含む色んなドリンクが売ってる売店もありますが、この温泉の敷地内は全体的に値段高め。

好きなタイミングで何度でもロッカーには私物を取りに帰れるので飲み物は持参しても良いかもしれませんね。

温まる・・・
外気が冷たすぎて上がれないけど、気合いでなんとか上がりました(笑)

それぞれ更衣室で着替えて、備え付けのドライヤーもあったので髪も乾かすことができました。


夕方くらいから行っても十分に楽しめるセーチェニ温泉でした!

ブタペストには他にもたくさんの温泉があり、洞窟の中にある温泉など興味深いところもあるので是非お好みの温泉を見つけてみてください!



湯冷めしないよう温かくしながら帰ります。

レトロ可愛いオペラ駅。


ブタペストは見所がたくさんあるので、明日も一日かけて街ブラ観光しようと思います!

読んでくれてクスヌム!


コメント

タイトルとURLをコピーしました