プレハネ3カ国目はベトナム! 今日はバス移動日

スポンサーリンク
人を乗せたトラック ベトナム

私たちの旅を応援してくださる方は
下の画像をクリックお願いします♪



シンチャオ(ベトナムの挨拶)!
プレハネのまなみです。


リアルタイムは7月20日。

さて、今日は美食に溢れ居心地のよかったカンボジアを離れ、バスで14時間かけてベトナムのホーチミンまで移動します!


移動の仕方については、ゆきが書いたこちらの記事をご覧ください。

シェムリアップからホーチミンへの行き方の徹底解説!
みなさん、ソースデイ(カンボジアの挨拶)!プレハネのゆきです。カンボジアのシェムリアップからベトナムのホーチミンへのバスでの行き方をご紹介したいと思います。ホーチミン行きのバスの手配シェムリアップからホーチミンは約14時間...

 
朝7:30に出発なので、宿へのピックアップは5時半~6時半。

いや、幅持たせすぎだよ。。。

と思いましたが、仕方ない。ここは東南アジア。
きっとカンボジアタイムがあるのでしょう。

って訳で、5時半から宿のロビーで待ち続けること1時間半…( ^ω^)


もぅ7時だよ。。。

バスに置いて行かれては洒落にならないので、宿の人に電話してもらい事なきを得ました。 どうやら、近くまで来たけどホテルの場所がわからなかったから帰っちゃったらしい。

「いや、帰るなよ!!笑」


ほんと、日本ではあり得ないことが、普通に起こってしまう海外。1年近く放浪の予定なので、日本人の「あの」当たり前の感覚を徐々に失っていくんじゃないかと一抹の不安を覚えますね(笑)




すぐ近くのバスターミナルに到着し、予約したVIPバスとやらに乗り換える。


ん??



バス…じゃ…ない…??


なるほど、流石です。
人数が少なかったからとのことで、どうやら中継地のプノンペンまではミニバンで行くとのこと。事前に聞いていたはずのwifiやパンの配布もありませんでした(´;ω;`)

「無事に着くならそれでいいや!!」

気持ちを切り替えて出発してみると、3人しか乗っていなかったので1人1シート使えて快適! 横になって寝れたので結果これで良かったです(笑)

一応、お菓子と水は配布されました。
このお菓子、めっちゃ美味しかったです!


日本の和菓子屋さんにある、クリームが挟んであるギザギザしたお煎餅みたいなのと同じ味! あれ、名前なんて言うんだろう(笑)




7時間かけて、プノンペンにつきました。
車窓から見る限り、首都ではあるけどさほど栄えてない印象。

今度こそ大きいバスに乗り換えてホーチミンを目指します!
行ってきまーす☆


手を振ってくれるスタッフさん達

私、バス出るときとか、飛行機出発するときとか、こういう風に手を振ってくださる人たちが凄く好きだなぁ~。 なんか凄くホッコリしません♡?(笑)



プノンペンを出発してからも少し寝落ちして、目が覚めると「え、アフリカ?」と思うようなさら地が何度かありました。

道も舗装されておらず、ガタガタ。
しばらくして目に飛び込んできたのがコレ。。。!


カンボジアの田舎の帰宅ラッシュです。

夕方になると、こんな人をてんこ盛りに乗せたトラックが沢山行きかいます。学校帰りらしき制服姿の小さい子供から大人まで。 女性への配慮なのか荷台の後ろの方は決まって男性しか乗せていませんでした。


「日本でこんな状態ならセクハラだの痴漢だの騒ぐ人多そうだなぁ」だなんて思いながら、テレビでしか見たことないような光景をしばらく眺めてました。

痴漢は勿論悪だけど、満員電車の中の男性は冤罪を恐れて異常に気を張ってるのも可哀そうな気もしてしまう。もぅ自分の目の前の知らない女性に人生握られてるようなもんですよね。。女性専用車両だけじゃなくて、本当に男性専用車両もあったら良いのになと。



あ、そうそう。
移動中も他の乗客と話しをする機会はやっぱりあって、「どこから来たの?」って毎回なるんですが、普通は

「from French」
「from Japan」
「from Australia」

ってなるじゃないですか。


毎回思ってたんだけど、どうしてアメリカ人だけ「from USA」とかいわないで「from California」とか「from Orlando」とか、より細かい地名を言うのかね!! 有名どころなら分かるんだけど、たまに分からない時あるし「それどこ?」って聞くのも失礼そうで聞けない(笑)


今回も「from Orlando」と答えた、めちゃめちゃ口の悪いアメリカ人と談笑しながらバス移動楽しみました。
冗談抜きで3秒に1回くらいは「f*ck」って言うんだよね、笑えてくる(笑)



途中で休憩所に寄ったりしましたが、こういうところでは食事の値段も吊り上げられてるのでいつも食べない私たち。事前にパンやお菓子を持ち込みます。

あー、でも温かいご飯は美味しそうだった;;


国境には夜着きました。

カンボジア入国の時は、現地人が早く入国処理をしてもらうようにほぼ全員がパスポートに賄賂を挟んで渡してましたが、出国の時はそんな光景はみませんでした。

白人さんカップルがバスに置いて行かれて、ボーダーから走ってきてバスに乗り込んだ時はめちゃ怒ってましたが。そりゃそうだ。。人数確認とかしていないんでしょうか。



まぁ、でも無事ベトナム入国!!
やったー!!


ホーチミンついて、予約していた宿へ向かうも地図上は正しいはずなのに宿が見つからない(泣) 周りの人に聞いてまわっても、みんな分からないとのこと。。。時間はすでに23時。荷物も重い。。。

普段なら高くて入らないけど、唯一開いてたスターバックスのwifiで新しい宿を予約して、その日はそこでしのぎました。

めちゃ汚くて、ベッドの上には虫の死骸たくさんあるし、出てくる水は茶色いし、お風呂場は蟻が大量発生。。。

なんかもぅ、疲労に加えてこの光景にメンタルやられた私は泣いてしまいました(まじで虫が苦手)。この後の旅、やっていけるか不安。。


ゆきも何やら異様に疲れてる。。。
翌朝、無駄に早起きしてとっとと清潔な宿に移りました。



ふぅ、とりあえず1日がかりの移動でした。
ベトナムでも良い旅ができますように!

読んでくれてシンカムオン!




応援よろしくお願いします☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました