【プレハネ46か国目】紳士の国イギリスへ!

皆さん、hello!
プレハネのゆきです。

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

これからイタリアのローマからイギリスのロンドンへ飛行機で行こうと思います。

本当はイタリアからフランス、イギリスへとバスで行こうと思っていました。

ヨーロッパの後に南米に行くつもりなのですが、スペインから南米に行くのが一番安いので、イギリスからスペインまで下ってこようと思います。

フライト料金は75ユーロ(約1万円)と、相変わらずヨーロッパ間のフライトは安いので、助かります。

フライト時間は明日の6時40分。

朝が早すぎるので、いつも通りの空港泊をしようと思います。

ローマ観光を終えて、昨日宿泊したゲストハウスで少しゆっくりさせてもらうことに。

マレーシア人のオーナーさんが優しい方で、お風呂も使わせて頂きました。

ブログを書いていたら21時過ぎになりましたので、そろそろ行こうと思います。

今回使うローマのフィウミチーノ空港には、ゲストハウス近くのバス停から行けるとのことなので、楽でいいですね。

1時間に一本と便もよく、5.9ユーロ(800円)とかなり安い。

フィウミチーノ空港への時刻表

9時30分ごろには4台ぐらいのバスが来ていて、どのバスでも空港には行くとのこと。

供給過多だなとも思いながら、値段も変わらないなので、1番早く着くバスで行くことにします。

空港行きのバス

バスは時間通りに運行されて、1時間ほどで空港に到着しました。

空港泊のしやすそうな椅子を発見。

空港泊

椅子同士の柵もなく、クッション性もあり、寝るには最高の椅子でした。

ただ椅子自体の数が少なく、夜遅くに来たので、二人分を確保できなかず、結局座りながらの態勢で寝ることになりました。

座りながら寝るのは結構きつくて、寝心地は最悪でしたね(笑)

朝は無事に起きることができ、ロンドンのガトウィック空港の時間も確認できましたので、一安心。

時刻表

まだまだ陽は昇りきっておらず、めちゃくちゃ寒かったです。

最大でも100人ほどしか乗れないぐらいの、かなり小さめな飛行機でした。

飛行機

機能の空港泊では全然寝れませんでしたので、二人ともすぐに寝てしまいました。

あっという間に3時間が経ち、ロンドンのガトウィック空港に無事に到着しました。

EUや日本、アメリカなどの複数の国々はイミグレーションが簡単になっており、ほとんど顔パス状態でした。

日本人というだけで海外では恩恵を受けることが多く、先人の日本の方々には頭が上がりません。

イギリスはこの時はすでにEUから脱退はしていましたが、EUとの行き来はまだ今まで通り、パスポートが不要でした。

空港でのお出迎えは、エリザベス女王。

エリザベス女王

こういったその国ならではのものが空港で見ることができると、少しテンションが上がります。

関西国際空港でもマリオやアニメなどの日本らしいものを見た時と同じような感じですね。

ロンドンに到着して、まず最初にオイスターカードを購入しました。

オイスターカードとはロンドンの公共交通機関で使えるICカードのことで、ロンドンの観光には必須になります。

オイスターカード

オイスターカードは2種類あり、まなみはどうしてもこのかわいいオイスターカードを欲しがっていたので、追加料金を支払って、購入していました。

普通のオイスターカードに比べて、かなりデザイン性がありますので、お土産にもいいですね。

ガトウィック空港からロンドンの中心地のキングスクロス駅まで1時間ほどで到着。

キングスクロス駅という名前を聞いたら、ハリーポッター好きな人はピンとくるかもしれません。

そう、ハリーポッターの舞台となっている駅のことです。

賢者の石でハリーが魔法学校のホグワーツに行くときに使われたのがキングスクロス駅です。

キングスクロス駅自体が観光地化されており、一番の写真スポットでは1時間以上の長蛇の列となっていました。

バックパックも背負っていますので、またどこかのタイミングで来たいと思います。

駅からゲストハウスまで15分ほどの距離にあり、1泊2人で3000円とかなり安いです。

https://www.booking.com/hotel/gb/clink78.ja.html?aid=898224&app_hotel_id=243069&checkin=2021-06-06&checkout=2021-06-07&from_sn=ios&group_adults=2&group_children=0&label=Share-dUzHVD%401622957789&no_rooms=1&req_adults=2&req_children=0&room1=A%2CA%2C

ヴィクトリア朝の旧裁判所の建物をリノベしたらしく、休憩所や部屋や裁判所の名残を感じました。

まだ14時過ぎで、チェックインの時間までは入れないとのことなので、荷物を置けるかを確認すると、ロッカーは全部埋まってて、近くのロッカーに預けるしかないとのこと。

近くのロッカーは1日二つの荷物で2000円かかり、さすがに高いと思い、チェックイン時間まで待つことにします。

しかし、数分後には他の人がチェックインできていたので、まなみが確認してみると、結局チェックインさせてくれました。

今日も観光をしようと思っていますので、とりあえず早くチェックインできて良かったです。

最後まで読んでくれて、thank you!

最新情報をチェックしよう!