ノルウェーレンタカー旅開始!雄大なソグネフィヨルド!

スポンサーリンク
ノルウェー

皆さん、グダーグ!(ノルウェーの挨拶)
プレハネのまなみです!

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

さて!!

ついにこれからレンタカー旅が始まります!

ベルゲンのレンタカー会社を比較して、値段や内容を見て行きついたのはこのレンタカー会社です。

4日間借りて保険込で220ドル。

車種はオートマのVOLKSWAGEN GOLFを借りたつもりでいましたが、「それと同等の車種」と小さく書いてあるのを見落としていたので、SUZUKIのSUVが来ました(笑)

VW乗ってみたかったのに、スズキかぁ~と少し萎えていましたが、車を見てみたら案外カッコよかった! やっぱり私はSUVが好きだ!!



私の苦手とする車の保険等の説明を聞いて、デポジットを支払って、まずは歩いてスーパーに食料調達!!

この日はちょうど祝日で街中ほとんどのスーパーが開いていなかった為、唯一開いていた一件のスーパーへ。

生鮮食品のコーナーは閉められていたので、お菓子とかパンとか簡単なものしか売っていませんでした。

レジも無人で支払いはクレカのみ。

卵やパン、バナナやお菓子、出来上がっているチキンナゲットやコールスローサラダ、冷凍ピザ等しばらく日持ちしそうなものを買い込み!

ノルウェーは物価高いですがスーパーに行けばだいぶ抑えられるので、使ったお金は2人分で1800円程!


卵をゆで卵にしたり、ピザを解凍して持って行きたかったので、一旦宿に戻りキッチンをお借りしました!


よし、準備バッチリ!
いざ出発!!!!

初めての左ハンドル、右側通行に緊張。

イメトレはしていたものの感覚を掴めるようになるまでは、 対向車がいなかったからよかったものの曲がる時に出るべき車線を間違えてしまったり・・・なかなか大変でした(笑) 

ゆきはしばらく運転に集中するため、私の無駄話は禁止されました(´・・`)



今回のレンタカー旅のルートはベルゲンを発着として、ノルウェーの西側を回ります!

こう見ると、狭い範囲に見えますがノルウェーが縦にかなり長いので結構な距離です。

うろ覚えですが、こんなルート。
1200~1300キロくらいだったと思います。

思いっきり上にあるオーロラ観測に最適なトロムソまで行きたかったのですが、あまりに遠いので諦めました(笑)

そして地図を見ても分かるように、 ノルウェーは本土の隙間に沢山の川や湖が入り組んでいるため、ずっと陸続きで行くことは出来ずフェリーを利用する必要があります。

それでは、ゆきくん!!
運転今回もよろしくお願いします!!

この日の天気は残念ながら、どんよりした曇り空。

ゆきは日本でもよく車を出してくれて、色んなところにドライブデートに連れて行ってもらいましたが、ゆきと車に乗っている時はいつも他愛もない会話が絶えず楽しい^^

ねえ!
あの橋渡ってみたい!

行く方面ではありませんでしたが大きい橋が架かっていたので、ちょっとだけ寄り道して橋を往復してもらうことに♡

しかしこれが失敗(笑)
なんと、渡るだけで通行料のかかる橋でした・・・。


しかも往復で2000円近く掛かった気がする(笑)
大した橋でもなかったのに突拍子もないことを言った自分を軽く呪いました(笑)


道中は山水が道路に流れてきてたり

ところどころ雪が残っていたり

雄大な絶景を見かけるような道ではありませんが、自然を見ながら走っているので全く飽きることはありません。


海で本土が何度も隔てられるので、何度も何度も必要になってくるのがフェリー!

このあたりに住む人にとっては当たり前の交通手段なようで、20分くらい待てば船が来てくれるのでさほどフェリーの時刻を気にする必要はありません。

船待ちで並んでいる間に、馬を乗せた車や生徒が沢山乗ったスクールバスも並んでいました。

乗船する度にスタッフにお金を支払う時もあれば、どうやらレンタカーに元々フェリー用のETCのようなものもついているみたいなので、勝手にバーコードの機会を車にかざされてクレジットカードに請求か行くような支払いの時もありました。

このフェリー代が地味にかさむ!!
この区間でも車+ドライバーと同乗者1名で1900円くらいでした。



フェリーの中は快適そのもの!

移動時間が15分くらいだと、勿体ないくらい!

軽食も売ってますがお値段は高め。

車中泊中はトイレに困るシーンが多いので、フェリーでなるべくトイレ済ましたり顔を洗ったり。

なにか魚とか見れないかな?とワクワクしながらずっと外を見ていましたが、なーんにもいません(笑)

ほどなくして対岸に到着。

今度は気持ちの良い田舎道をゆるーくクネクネしながら進んでいきます。

ちょっとだけ良い感じのスポットがあったので停車。

今回、ノルウェーに来一番の目的は「ノルウェーの舌」と呼ばれる「トロルトゥンガ」だったのですが、冬の間は非常に危険で行けなくなってしまい落胆していた私達。。。

この小さい出っ張り?でノルウェーの舌を0.0003%くらい味わってきました。

GoProって手で持ってセルフィーするとテナガザルになっちゃう🐒笑

よし、ここまで来たならソグネフィヨルドまであともう少し!!

車に戻ってすこし走らすと見えてきました!

どこからの位置が綺麗に見渡せるかを見て、良い感じなところで停車。



ソグネフィヨルドです!!

空が暗いので湖にも光が届いていませんが、よく見ると澄んだグリーン。

淡水っぽいですが、チラホラと魚も泳いでいてウニも沢山いました。

ソグネフィヨルドは全長204km、最深部1,308mでノルウェー最大のフィヨルドであり、世界でもグリーンランドに次ぐ2番目に大きいフィヨルドです。

ノルウェーには5つの大きな5大フィヨルドと呼ばれるものがありますが、冬の観光は厳しいところが多く、このソグネフィヨルドだけが唯一通年観光できるフィヨルドとなっています。

ちなみにフィヨルドとは氷河期にできた氷河が、約1万年前に溶け出して長い年月をかけて、大地を侵食してできた入江のことを指します。それをノルウェー語で“フィヨルド”と呼んでいるのだそうです。

1万年前って気が遠くなるほどの年月ですね。
それでも地球誕生は46億年前…自然の雄大さと地球の歴史を前にすると人間なんて本当にちっぽけなモンです。

夏などの行楽シーズンになるとフィヨルドの間をクルージングできるツアーも多く催行されるそうなので、もっと間近でフィヨルドを見ることが出来ます。

ちなみに私達がフィヨルドを見た場所はここです。

特に観光するための場所でもなんでもなく、普通に道路の路肩に車を止めて自分たちで斜面を降りて行って見ました。

周辺はただの民家なので迷惑がかからないように観光しましょう!




車に戻って今見ていたフィヨルドが取り囲む湾をグルっと回るようにしてしばらく走らせます。

ポツンと建っている赤い建物が映えますね。

今日見るつもりのスポットはこのフィヨルドのみとなりますが、限られた時間しかないので明日の観光に向けて出来る限り今日のうちに少しでも北上しておきます。

真夜中の運転は避けたいので、10時くらいまでを目途に。


山道を走り続けていると、急に通行止め!

うそ・・・・。
ここさえ良ければフェリーを使わずに渡れる予定だったのに。

しかしここから先は一切雪かきがされていないので、進み続けるのは不可能です。

来た道を1時間以上かけて戻り、大人しくフェリー乗り場へ。

対岸に渡ってから本日の寝る場所を探します。

車の中とは言え、ここはノルウェー。
しかも真冬!!

一晩中エアコンをつけておく訳にはいかないので、どこなら少しでも暖かいのか外気温を見ながら走り続け、ようやく8度くらいの街に辿り着いたので今日はそこで就寝。

初めての車中泊!
ゆきは以前、キャンピングカーでアメリカを横断していたので割と平気そう(笑)

手持ちの防寒着を全て身にまとって寝ましたが、どうしても寒くて寒くて2時間おきくらいには2人とも目を覚まして暫く暖房いれて、寝ては起きて暖房入れて…の繰り返し(笑)

決して安眠とは言えませんでした…。
皆さん、車中泊の時は段ボールを窓に貼り付けて外気を遮断しているようなので明日以降は私達も段ボールを調達してこようと思います(笑)


ノルウェーレンタカー旅、1日目終了!

読んでくれてタック!



コメント

タイトルとURLをコピーしました