アナ雪「エルサのお城」のモデルは正直ガッカリ!? ノルウェーレンタカー旅最終日。

スポンサーリンク
ノルウェー

皆さん、グダーグ!(ノルウェーの挨拶)
プレハネのまなみです!

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!


ノルウェーレンタカー旅3日目!

明日の朝一でレンタカー会社に車を返却し、デンマークに向かうフライトの予定があるので、今日中にベルゲンまで帰り着こうと思います。


天気は日増しによくなり、ただのドライブでもつい立ち止まって景色を眺めてしまうこともしばしば。

道路が凍結していることも多いので、冬のレンタカーはスタッドレスタイヤがマストですね。

この山々の間にひっそりとある湖、とっても良い景観でした!

長いトンネルを通過したあとに、私が戻りたいって言いだしたのでわざわざ引き返してもらった(笑)


ドライブのお供に、フィンランドで買った可愛いムーミンパッケージのお菓子を食べてみたのですが、激マズ。。。。

見えますか?
佃煮のような真っ黒の棒状のもの。

説明難しいけど、うがい薬を練り上げたような感じの味で食べきれませんでした(笑) うん…安くで売ってるけど、これは買わない方が良いですね!



そして、今日訪れる予定の観光地はアナ雪に出てくるお城のモデルとなったスターヴ教会です!

場所はこちら。


映画の中ではエルサが王国から逃げてきて山奥に氷で建てたあのお城として出てきます。

そのモデルになった教会とは・・・

この小じんまりとした教会です。
想像していたよりもひっそりと建っていて、正直ビックリ。

シンデレラのお城はドイツにある有名なノイシュバンシュタイン城、ラプンツェルのお城はフランスのモンサンミッシェル。

他の作品はとても立派で有名な建造物をモデルにしているのに、規模や知名度では到底肩を並べることができないスターブ教会。

よくここ見つけたなって思うくらい、ひっそりと建っているので私達も気付くことが出来ず1度通過しました(笑)

しかもすぐお隣は墓地です。

果たして・・・
エルサのお城とはどのくらい似ているのか?


少し分かり辛いですが、画像と並べて撮影してきました!

ふむふむ、シルエットのドゲトゲ具合はかなり似ていますね。

角度を変えてみると・・・

おーー!!!
結構似ていますね!!!


でも、この教会を見てあの氷のお城を思いつくなんて素晴らしい想像力ですね。

決して立派とは言い難い「古い木造建築の小さな教会」が、時代を経てあんなにも豪華絢爛な氷のお城になるだなんて当時はだれも思わなかったでしょう。


ちなみにこの教会のすぐ側には博物館があります。

オフシーズンは案の定閉まっていました…。

仕方ないですね。
実際に私達が訪れたときも、観光客は私たち以外に1組だけが3分ほど立ち寄って行っただけだったので。。。

ちなみに入館料はこちら。

スターヴ教会とは中世時代にヨーロッパ北部に多数建築された木造建築の教会のことを指します。

俗称であり、この教会の固有名詞ではありません。

12世紀から14世紀の間に1000棟以上が建てられましたが、現存するスターヴ教会は28カ所のみでその殆どがノルウェーに残っています。

この教会を訪れる際は、映画の中のお城を期待して行ったらガッカリしてしまうので期待値は下げて行った方が良さそうです◎

オーシャンロードと同じで、近くまで来たなら立ち寄っても良いとは思いますがわざわざ足を伸ばしてくるほどでは・・・(個人的感想)という感じ。



この教会の前は雪でかなり凍結していました。

ひっさしぶりに私もハンドルを握っちゃいました(笑)

50㎝ほど進んではブレーキ踏んでガッコン!
また50㎝ほど進んではブレーキ踏んでガッコン!


自分の運転でむち打ちなりそうだった(笑)
怖かったので進んだのは3mくらい…。

その様子を外から見ていたゆきは大笑い(笑)

長年ペーパードライバーなので運転を再開するときには、また教習所で練習する必要がありそうですね。



よし、スターブ教会からまたベルゲンに向かって出発です。

1日13時間くらいの運転をし続けて3日目となるので、さすがにゆきも疲れているとは思うのに一切文句も言わずに運転してくれるゆき。

レンタカー旅のときは毎日1日の終わりに「今日も無事故で安全運転してくれてありがとう」と労います。あともう少しだけよろしくね!



マップを見ながら走っていると、途中でマップに「景勝地」と書いてあるスポットがあったので立ち寄りました。

滝があるようなのですが、奥にあるので車を止めて滝まで15分ほど遊歩道を歩きます。

野鳥や季節の花々が見られるみたい。

山道の途中で見つけた場所なので、車通りはほとんどなく私達以外に観光客も1人もいませんでした。

危ないから行くなって言っても、ゆきは1人で川に浮かんでいる岩をぴょんぴょんと飛び越えながら奥の大きな岩まで行ってしまいました。

ホントに言う事聞かない人ね!
でも写真撮ってくれてたのね(笑)


滝までたどり着きました。

とても高い落差がある訳ではないですが、滝を見るのも久しぶりな気がしてマイナスイオンに癒される…♡

レンタカーって自分たちの都合で好きなように動けるのが一番の魅力ですね。

気に入ったところは自分たちの時間が許せばいつまでも居れるし、思い付きで好きな場所にも立ち寄れるし。



この滝を離れた後も、素敵な川があったのでまた停車!

さっきの滝と繋がっているのかもしれませんが、水の色がまるでバスロマンを溶かしたような綺麗な淡いエメラルドグリーン!

私は綺麗な海でも川でも湖でも、とにかく綺麗な水とか水面が大好きなんですよね。

水の動きって一生見てられる…!

ヨーロッパに来てからというもの、行く先行く先で見るものは教会だの大聖堂だのお城や城塞だの・・・。

どれも素晴らしいものではあるんですが、雄大な自然に触れる機会がほとんどなくなっていたので久々の自然に2人とも気持ちがリフレッシュされました。




さて、あとはもう寄り道せずにベルゲンに帰るだけ。

日が落ちてからも運転を続け、山道を走っていたときのこと。

あたりは真っ暗なので上向きライトで運転していましたが、対向車がきたので私達も対向車もライトを下向きに切り替えました。

すると、目の前に動物が!!!!


双方の下向きライトではちょうど届かない場所に何か動物が座っていました。

ギィィィィッッ!!!

やばい・・・轢いた。
まさか事故になるなんて。


そう思って青ざめましたが、何とか動物が走って逃げていってくれたおかげで衝突することはありませんでした。



2人とも一気に心拍数があがり、鼓動が速まったまま力が抜けます。

良かった…
本当に良かった…。

動物を轢かなくて良かったけど、もしもっとハンドルを切りすぎていたら自分たちも対向車に突っ込んでいたかもしれない。。

冷や汗と動機が止まらなかったので、運転再開するまでしばらく車を止めて冷静さが戻るのを待ちました。


事故にならなくて本当に良かった。

動物は何だったのか分からないままですが、2人ともフワッと尻尾が逃げていうのを見たので恐らくキツネか何かだったのだと思います。


この後もなんとか無事にベルゲンまでたどり着こうと思います。

はぁ・・・
死ぬほどヒヤっとした。。。


読んでくれてタック!




コメント

タイトルとURLをコピーしました