飼い猫に遭遇!ウズベキスタンの首都タシュケントの探索!

スポンサーリンク
ウズベキスタン

皆さん、サローム(ウズベキスタンの挨拶)!
プレハネのゆきです。

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

(投票されてランキングが上がります
 ※怪しいサイトには飛びません)

カザフスタンのアルマトイからウズベキスタンの首都のタシュケントに今朝到着したので、午後からはタシュケントの観光をしようと思います。

まず最初にタシュケントでやらなければならないことは、ウズベキスタンのお金を手に入れることです。

到着する町が首都のタシュケントなので、私達はウズベキスタンのお金を両替する必要ないと思っていました。

しかし、今思えば少しぐらい両替しておけば良かったなと思います。

タシュケント駅はとても栄えているので、ATMは沢山あるのですが、どのATMもクレジットカードが使えません。

お金が下ろせないまま1時間が経った頃に、ようやくクレジットカードを使えるATMを発見します。

しかし、このATMは、なぜかドルを引き出せるのですが、ウズベキスタンスムを引き出せない!

何かあったときようのドルが少なくなっていたので、ドルを引き出せるのは非常に有難いのですが、今はスムが欲しい。

ウズベキスタン人にスムを引き出せないか確認してみると、一旦ドルを引き出して、すぐ近くにある両替所でドルをスムに両替できると教えてくれました。

両替するときに手数料が掛かりますし、そんな2度手間をする必要があるのかと、腑には落ちませんでした。

しかし、スムを引き出すことができないので、諦めて両替することにしました。

ウズベキスタンスムはかなりインフレしていますので、50ドル両替しただけでも、大量の紙幣になります。

お金持ちになった気分です(笑)

後から分かったことなんですが、ウズベキスタンで銀行を持っていない外国人はスムを引き出すことができないようです。

基本的には、ATMでドルを引き出して、両替所でスムに両替するようです。

なので、ドルからスムに両替するための無人機の両替所も設置されています。

タシュケントはただの栄えた街なので、あまり興味が湧かず、明日にはサマルカンドへ向かう予定です。

スムを手に入れた私達は、早速タシュケント駅でサマルカンド行きのチケットを買います。

無事にチケットを購入できたので、ゲストハウスに向かいます。

タシュケントもバスが非常に発達しており、中央アジアお馴染みの2GISが使うことができるので、簡単に安くゲストハウスに着くことができました。

スムを手に入れるのにかなりの時間を使ったので、急いでタシュケントの観光の準備をします。

アルマトイで出会った英語が堪能のアフガニスタン人に綺麗なピアスが安く買えるモスクとお土産が買えるバザールを紹介されたので、行ってみることにしました。

紹介された「hazrati imam complex」と呼ばれるモスクは、正直今まで見てきたモスクと変わりはありませんでした。

しかし、ピアスや工芸品を買うことができるモスクは初めてでした。

お洒落なウズベキスタンのお皿や入れ物、可愛いピアスを売っているショップがモスクの中に並んでいます。

ショップを見て回っていると、まなみがいきなり「そらがいるよ!」と指を指します。

まなみが見ていたのものはキツネのはく製でした。

私の実家で飼っている猫のそらがキツネに似ているので、まなみはいつもそらのことを「キツネ」と呼びます(笑)

間違えました。こちらがソラです。

欲しいものは沢山あったのですが、これからまだまだ半年以上旅行が続きますので、荷物を増やす訳にはいかない。

モスクを満喫したわたしたちは、次にチョルス―・バザールに向かいます。

しかし、バザールに着いた頃には、もうほとんどのお店が店仕舞いをしていました。

仕方がないので、私達はご飯を食べに行くことに。

多くの日本人のブログで紹介されていた、ゲストハウス近くのステーキレストラン「master food」に行ってみました。

バックパッカーにはステーキハウスは贅沢だなと思っていましたが、このお店はかなり安価でステーキを食べることができます。

こちらのバーガーとステーキのセットで700円程しかしません。

中央アジアは本当に安くて美味しいものが食べれるので、バックパッカーが中央アジアをオススメする理由が分かります。

久しぶりのステーキに満足した私達は、明日の移動に備えて、すぐに寝ることにしました。

翌朝、私がウズベキスタンでかなり楽しみにしていたゲストハウスの朝食を食べることができました。

ウズベキスタンのゲストハウスは値段が他の中央アジアの2倍ほどしますが、その代わりに朝食が付いてくることが多いです。

しかも、かなりのボリュームと種類の豊富さなので、毎日食べても飽きることがありません。

朝食をしっかりと堪能して、タシュケント駅に向かいました。

14時にタシュケント駅出発して、18時半にサマルカンドに着きました。

サマルカンドでは2GISが使えませんので、サマルカンド駅近くのバスターミナルで中心地行きのバスを探していると、現地のおばちゃんがタクシーを捕まえてくれることになりました。

しかも現地人が交渉してくれるので、ぼったくられる可能性はありません。

5キロの距離を100円くらいで乗せてもらえることになったので、この値段で本当に大丈夫とタクシーの運転手が心配になるほどでした。

無事にゲストハウスに着き、いよいよ明日は「青の都サマルカンド」を観光します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました