イスタンブールの街ブラとトルコ料理!

スポンサーリンク
トルコ

皆さん、(トルコの挨拶)!
プレハネのゆきです。

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

今日は最後のイスタンブールの滞在になりますので、昨日行けなかった観光地やご飯屋さんに行ってみたいと思います。

私は前回イスタンブールに来た時に焼きとうもろこしと鯖サンドにハマり、毎日食べに行っていました。

なので、サバサンドとまなみが食べたいトルコ風ピザのピデをお昼ご飯に食べに行きたいと思います。

適当にブラブラしていると美味しそうなピデ屋さんを発見!

見た目は日本のスーパーでよく売られているピザパンみたいな感じですかね。

注文したのはベーコンとオリーブのピデで、生地は普通のピザの生地よりも更にモチモチしていました。

どうやらこのピデはイスタンブールではなく、カッパドキアの名物らしいので、カッパドキアで食べてみたかったですね。

次はイスタンブールのサバサンドと言えばこのお店と言われるほど有名な「Derya Balık Ekmek」に行きたいと思います。

ガラダ橋の下にあり、私達のゲストハウスからは真反対なので、かなり歩きました。

2年前に比べて50円程値上がりしていましたが、絶対に食べたいものだったので、惜しみなく買いました。

ヌテラに目が無いまなみは、ガラダ橋に来る途中の屋台で、ヌテラサンドを購入。

二人で金閣湾とカラキョイの街並みを見ながら、ベンチで食べることにします。

2年前と変わらないサバサンドとイスタンブールに嬉しくなり、また来る機会があるといいなと思いました。

トルコの物価は今までの発展途上国よりも高くなりましたが、屋台で安くて美味しい料理が食べれるのは良いですね。


さて、腹ごしらえも済んだところで、アヤソフィアと一番有名な観光地のスルタンアフメト・モスクの観光に行きたいと思います。

2つの観光地に行く途中に海を見るには絶好のスポットを発見しました。

そこにあったよく分からない銅像と同じポーズを撮るまなみ。

アジアとヨーロッパの境目のとなるイスタンブールは、主にアジアサイドとヨーロッパサイドの2つに分かれています。

向こう側に見えるのがアジアサイドです。

まなみは海や川の水の波紋が好きで、何時間でも見ていることができるそうです。

私も嫌いではないので、テトラポッドに座って、2時間ほどゆっくりと海を見ていました(笑)

ここ最近観光と移動の連続と中々ゆっくりとする時間がありませんでしたので、少しリラックスすることができました。

日が少し傾いてきたので、観光に戻りたいと思います。

残念ながら到着した時間にはアヤソフィアの入場できる時間が終わっていたため、スルタンアフメトモスクのみの観光になりました。

2つともすぐ隣に建てられているので、移動は楽ちんです。

モスクは入場が無料ですが、女性はヒジャブの着用が義務付けられています。

まなみは持っていなかったので、受付で借りることにします。

99%のトルコ人はムスリムらしいですが、特に若い女性はヒジャブを着用していない人が多いので、そこまで厳格なイメージはありませんが、こういう場所は必要になるんですね。

2年前と同様に外観の修復工事をしていました。

遺跡や建築物には欠かせないことは分かっていますが、毎回少し残念な気持ちになります。

ムスリム以外はお祈りの場所に入ることができないので、そこまで見どころはありませんでした。

スルタンはモスクの中でも好きな方ですが、観光慣れしてしまったのか、モスクに飽きてしまいました(笑)

今日の観光は全て終わって、良い時間になってきたので、ご飯を食べに行きたいと思います。


お昼の街ブラで目星を付けていたご飯屋さんに行く前に、ウェディングに似合う花冠を見つけ、まなみが気に入ったので購入!


そしてこちらがご飯屋さん。

トルコのレストランはこんな風に料理を見せてくれるので、食欲もそそりますし、とにかく分かりやすいですね。

料理を決めているときに、まなみが携帯を失くしたことに気づきました。

さっきの花冠を買ったお店かもしれないので、ダッシュで戻ることにします。

イスタンブールは盗られていてもおかしくない場所なので、頭の中では半ば諦めつつも必死に走りました。

お店が見えてくると、店主のお兄さんが私達に手招きをします。

まさかと思いながら行ってみると、お兄さんが携帯を持っていてくれたみたいです。

まなみの携帯にはトルコ人の友達のマフットの連絡先が携帯に入っていたので、お兄さんがマフットと連絡してくれたりと、色々としてくれたみたいです。

走って疲れた私達を見かねて、売っているお水を無料で頂きました。

色々とお世話になったお兄さんと最後に写真を撮って、さっきのレストランに戻ります。

今日が最後のトルコ料理になりますので、もし携帯が見つからなかったら、喉に食事が通らず、堪能できなかったかもしれません。

本当に見つかって良かった!


明日いよいよヨーロッパのギリシャに行ってきます。

フライトが朝の7時なので、今日は早めに寝たいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました