ケニア(ジョモ・ケニヤッタ)空港でのアライバルビザの取得方法とSIMカードの紹介!

スポンサーリンク
ケニア

皆さん、こんにちは!
プレハネのまなみです!


本記事では空路でケニアに到着した際のアライバルビザの取得方法と、オススメのケニアのSIMカードを紹介します。


ビザの取得方法

ケニアに観光や短期商用で訪れる際は必ずビザが必要になります。

ビザの取得はあらかじめオンラインで申請することも出来ますが、入国/出国用の航空券を事前に用意する必要があります。

一方、空港で取得するアライバルビザ(VOA)は特別な用意をする必要もなく、空港で簡単に取得することが出来ますので殆どの人がアライバルビザで入国します。

※空港で取得可能なビザは「シングルエントリービザ」のみなので注意!

アライバルビザ取得の流れ

機内では入国カードの配布はありません。
(路線や航空会社によって異なる可能性あり)

到着したら人の流れに沿って ターミナルへ。

イミグレのカウンターの前にこのサインがあるので、

すぐ側にある机から入国カードをとって記入します。

記入が済んだらVISA代を用意してカウンターに並びます。(一番右の「Visa」とかかれた場所)



ビザの種類

シングルエントリー 50ドル
マルチプルエントリー 100ドル
トランジットビザ 20ドル
東アフリカ(3カ国)ビザ 100ドル


ビザの種類を解説します。

・シングルエントリー
(空港で取得可能)
ケニアへの入国が1回のみの方向け。滞在は90日まで可能。(一番スタンダード)

・マルチプルエントリー
(大使館にて取得可能)
ケニアに入国した後、近隣諸国へ行き、また再入国する予定のある方向け。(ケニアを拠点にタンザニアのサファリツアーに行き、またケニアに帰ってくる予定の方はこちら)有効期限は60日もしくは1年。

・トランジットビザ
(オンラインで申請)
ケニアを通過して他の国へ移動する方向け。ケニアでの滞在時間は72時間まで。

・東アフリカビザ
(オンラインor大使館)
ルワンダ、ウガンダ、ケニアの3カ国に対応するビザ。それぞれシングルエントリーのみで有効期限は90日のみ。初めてがケニアもしくはウガンダから入国予定の場合は各国にあるそれぞれの大使館(日本も可)で取得可能、ルワンダから入国予定の方は事前にオンラインで申請可能。



現金のみでドルもしくはユーロを用意しておいてください。

アフリカはドルが強いのでドルで用意することをオススメします。

現金がない場合はターミナルに一台だけATMがありますので、そこで引き出してください。

※アフリカのような発展途上国はATMにお金が入っていないこともよくある為、事前に用意しておいた方がベターです。
(ナイロビ市内でもカードの吸い込みがあったり、お金を引き出した後は強盗にも狙われやすくなるので出来る限りリスク回避してください。)

イミグレでは特別な質問は何もなく、滞在日数とケニアのあとどこに行くか聞かれた程度でした。


SIMカードの調達


空路でケニアに到着してSIMを調達するなら、確実に空港で手に入れてください。

街中ではチャージのみできるお店は沢山ありますが、SIMの販売店は殆どなく見つけるのが困難でした。(あっても正規店じゃないのでボラれたり、詐欺にあいやすい)

イミグレを通過し、荷物をピックして進むとすぐにSIMの会社が見えてきます。

左:サファリコム
右:テルコム



サファリコムのプラン



テルコムのプラン


別途、SIMカードの発行料が5ドル程度かかります。契約後にコンビニ等でデータの再チャージも可能です。

テルコムの方が値段はかなり安いのですが、マサイマラのサファリツアー等で僻地に行く場合はサファリコムが電波が強いそうです。

※実際にマサイマラでは、ごくたまに圏外になりますが基本的に問題ないなく使用できました。
(日本人が多く利用するニューケニアロッジで催行されるサファリツアーの宿泊地にはWiFiありません。)


SIMを購入したらお店の人にお願いすれば必要なセットアップはやってくれるので、すぐに利用できる状態となり安心です。(街中の代理店はやってくれない)

私はサファリコムで契約し問題なく利用できましたのでオススメです!




以上、ケニアのアライバルビザについての解説とSIMカードの紹介でした!

皆様の旅が安心安全で楽しいものになるよう願っています。


お読みいただきありがとうございました!


世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は1日1回、下のバナーをクリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました