ケニアの闇と生きる世界

スポンサーリンク
ケニア

皆さん、ジャンボ(ケニアの挨拶)!
プレハネのゆきです。

世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は、一日一回下のバナーをクリックお願いします!

今日は宿主催のキベラスラムツアーに行ってきます。

キベラスラムは、ケニア最大級でもあり、世界で2番目に大きなスラムでもあります。

昨日サファリツアーが終わってから、宿で申し込んでおきました。

1人2200円ぐらいなので、そこまで高いわけではないです。

しかし、今日の天気はあいにくの雨。

まなみはスラムで靴を汚したくないから、行きたくなくなってしまったみたいです。

宿のオーナーに確認してみると、全額返金でキャンセルできるみたいです。

まなみは行かずに、私1人だけで行くことになりました。

つくづくバックパッカーに向いていないなと思います笑


9時から予約して、通常3~4時間のツアーになります。

ガイドのベックさんが時間通りに来たので、初スラムに行ってきます。

ツアー参加者は私だけです。

1人でもツアーを開催してくれるのは、有り難いです。

宿からバス停まで30分、キベラスラムまでバスで30分掛かります。

合計2時間ほど移動に掛かりますので、ツアーは実質2時間になりそうですね。

スラムには、八百屋や病院、スーパー、美容院、ご飯屋さんなど生活に関わるものは一通り揃っています。

イメージしてしていたスラムとは違い、割と生活しやすそうだなと思いました。

しかし、病院には行きたくても行けない人がほとんどだそうです。

ナイロビのこのスラムでは250万人が生活をしています。

この人口はナイロビの人口の6割以上を占めているのですが、スラムの面積はナイロビの6%ほどしかないそうです。

泥の外壁と薄い鉄の屋根で作られたスラムの家。

洗濯物は泥水で洗い、とても綺麗になったとは言えないです。

スラムには住む人は毎月3,000円ほどの家賃を払わないといけないです。

一日の家庭収入が1ドル未満が多く、家賃だけを払うのも苦しいみたいです。

ケニア政府はキベラスラムを不法占拠されている考えているので、強制撤去をしようとしています。

これから発達していくケニアを思えば、この土地をもっと有効活用したいと考えているのでしょうか。

生活用水は一応まだ綺麗な水を使えるようですね。

公共のシャワーがありますが、ほとんどの人がお風呂に入れていません。

厳しい生活をしていますが、年頃の女の子なのでお洒落もしていますね。

犬や猫などの動物もそこら中に沢山いますが、泥水を飲んでいるのは可哀そうで仕方なかったです。

スラムでは人も動物もゴミから食べ物を探しますので、お腹一杯食べるのは難しいかもしれません。


スラムにも街というものが存在し、今回は2つの街を案内してくれるそうです。

一つ目の町が終わったので、一旦お昼ご飯を食べに行くことに。

ベックさんの行きつけのお店でスラムの友達とご飯を食べることになりました。

30分ぐらい延々とこの人たちの食事を見ているという、一番謎な時間でした(笑)

お昼からウォッカを2本も空けるほどの酒豪っぷり。

しかし、こんな贅沢ができるなら、案外スラムも厳しいだけではないのかもしれません。

ケニアのソウルフードのウガリと海藻みたいなスープをご馳走になりました。

お昼ご飯も終わったところで、次の街に行くことになりました。

ベックさんのようなツアーのガイドは、キベラスラムから引っ越すことができないそうです。

参加者の安全のために、キベラスラムに住む人のみがガイドをできるみたいです。

1人20ドルのツアーなので、キベラの住人にしてはかなりの高給取りでしょう。

キベラスラムを出てしまうと、この仕事を続けることができないのは、ジレンマですね。


左手にある建物のようにコンクリートでできた家は、泥の家よりも家賃が高いそうです。

コンクリートの家よりも更に家賃の高い家があります。

少しわかりずらいですが、奥に見えるマンションがスラムで一番家賃の高い家です。

政府がスラムの住人ように作りましたが、家賃が高いので、誰も住みません。

ここに住めるなら、そもそもスラムになんて誰も住まないでしょう。

スラムにも学校はあるみたいですが、今は冬休みらしいです。

学費が掛かるので、ほとんどの子供が学校に行けていないのが現状です。

キベラスラムにも電車が通っているそうですが、ほとんど線路が見えません(笑)

1日に2便来るそうなので、支障は無いようですね。

2つ目の街も終わり、後は宿に帰るだけです。

そこら中から糞尿の匂いがする場所で、私は1日もここには住みたくないです。 これだけ糞混じりの泥だらけなので、靴はかなり汚れます。

生きている世界が違いすぎて、本当の貧困というもの改めて認識しました。

ベックさんはキベラスラムのバス停まで送ってくれましたが、そのあとは自力で宿まで戻らないといけません。

もう少しアフターフォローがあってもいいんじゃないかと思いましたが、ここが彼の街なので、仕方ありません。


無事に宿に着いたので、これからはまなみと夜ご飯を食べに行きたいと思います。

ケニアには3つの有目なジャパレスがありますので、久しぶりに日本食を食べます。

一番有名で美味しい「Cheka Japanese Izakaya」は休業日なので、宿の近くにある「Teriyaki JAPAN Grilled Chicken」にします。

「Teriyaki JAPAN Grilled Chicken」 は丸亀うどんのチェーン店なので、うどん料理が評判らしいです。

一番美味しいと言われているてりやきうどんを注文しました。

本当に丸亀のうどんかと思うほどうどんは微妙でしたが、てりやきは最高です(!

これだけでは足りないと思って、前回のチキン屋さんでポテトだけお持ち帰りしてきました。

ご飯と合いそうな味付けで、もっとパンでもいいので主食が欲しくなります。

最後ケニアで美味しいご飯を食べれて良かったです。

これからの国はそういうものを全く期待できなので(笑)


帰り道、路上のお店で靴下を買いました。




いよいよ明日はタンザニアに向けて出発です!

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました