ニューケニアロッジのサファリツアーの内容・持ち物・チップなどの解説!

スポンサーリンク
ケニア

皆さん、ジャンボ(ケニアの挨拶)!
プレハネのゆきです。

ケニアでサファリツアーに参加するために、ニューケニアロッジで申し込まれる方が非常に多いです。

こちらの記事では、ニューケニアロッジのサファリツアーの内容や持ち物、チップなどのご紹介をします。

サファリのシーズン

ケニアの気候は、乾季が10~3月に、大雨季が6~9月、小雨季が3~5月にと3つ分かれています。

サファリツアーに参加すべき一番オススメな季節は、乾季になります。

雨季は、動物が隠れてしまうので、見れる確率が低くなります。

費用

項目金額(米ドル)
2泊3日サファリツアー300ドル
マサイ族の入場料10ドル
双眼鏡10ドル
合計320ドル

多くの日本人が、2泊3日サファリツアーに参加しています。

しかし、他にもツアーは沢山ありますので、気になる方は確認してみましょう。

双眼鏡が必要な方は、ニューケニアロッジで借りることも可能です。

必要な物

絶対に必要な物

・パスポート
・タオル
・米ドル(チップ用)
・防寒着
・変換アダプタ
・お風呂セット

便利な物

・帽子
・サングラス
・日焼け止め
・モバイルバッテリー
・サンダル

1日に1リットルの水が用意されていますが、足りない場合は買うことも可能です。

チップ

サファリツアーで、チップを渡す機会は三回あります。

レンジャー

ゲームドライブの時に、川でカバやワニを見る機会があります。

ガイドでなくレンジャーが、護衛と説明のために一緒に同行することになります。

レンジャーへのチップの相場は、一人でなく全員で5ドルになります。

マサイ族

村全体への寄付金として、1回だけ村長にチップを渡すだけになります。

相場は10ドルになります。

写真撮影や家の訪問などで、1回1回チップを支払う必要はありません。

最初にチップを支払えば、何回でも誰とでも写真撮影が可能になります。

ガイド

ガイドへのチップの相場は、日数によって異なります。

1日当たりのチップの相場は、5ドルになります。

つまり、2泊3日のツアーの場合は、一人当たり15ドルのチップが相場となります。

サファリの宿

ツアー会社によって宿は異なります。

ニューケニアロッジの提携先のツアー会社は複数あります。

私たちは普通の部屋に泊まることができましたが、テント泊をした方もいます。

私たちの宿は、18時から22時までならホットシャワーと電気を使うことができました。

動物

レア度
※☆の数が多いほど、会える確率は低くなります。

インパラ ★☆☆☆☆
シマウマ ★★☆☆☆
ヌー ★★☆☆☆
キリン ★★★☆☆
チーター ★★★☆☆

THE BIG FIVE

アフリカを象徴する5つの動物です。

バッファロー ★★☆☆ ☆
ゾウ ★★☆☆☆
ライオン ★★★☆☆
ヒョウ ★★★★☆
サイ ★★★★★

サイは、警戒心が強いので、姿を現すことがほとんどありません。

ヒョウは、母体数がかなり減ってきているので、見ることが難しくなりつつあります。

サファリツアーの内容

1日目

8時30分 出発

10時30分 渓谷の観賞

12時30分 昼食

16時 宿に到着
16時30分 ゲームドライブ
19時30分 夕食

2日目

6時 朝食
6時15分 ゲームドライブ
12時30分 昼食

13時30分 川でカバとワニの観賞

14時 ゲームドライブ
19時30分 夕食

3日目

7時30分 朝食
8時 マサイ族との交流

9時30分 ナイロビに戻る
13時 昼食
17時 ナイロビ到着

まとめ

ニューケニアロッジのサファリツアーは、ツアー会社によって異なります。

ツアー会社の当たり外れはあるみたいなので、他のサイトと比較することをオススメします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

皆さんのお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました