デリーからアムリトサルを経由してラホールへ行く方法の徹底解説!

スポンサーリンク
インド

皆さん、ナマステ(インドの挨拶)!
プレハネのゆきです。

パキスタンには、モヘンジョダロやフンザなどの魅力的な観光地が沢山ありますが、まだまだ他の国に比べて情報が少ないです。

こちらの記事ではインドのニューデリーからパキスタンのラホールへの行き方をご紹介します。

必要な物

・パスポート
・パキスタンルピー
・パキスタンビザ

パキスタンルピーは国境からラホールに行くときに必要になります。

国境でも両替することができますが、レートが少し悪く、1000パキスタンルピー以下の小さな金額は用意されていないため、端数は切り捨てられます。

アムリトサルで両替することをオススメします。

デリーからラホールへの費用

項目金額金額(円)
デリー~アムリトサル(電車)₹155\230
アムリトサル~国境付近(バス)₹35\52
国境付近~国境(リキシャ―)₹30\50
国境~ラホールRs500\340
合計約\700

こちらの費用がデリーからラホール行きの最安になります。

デリーからアムリトサルまでは電車の席のランクによって金額が変わります。

上記の表に記載の値段は電車の席はGENERALで、一番最低ランクです。

₹・・・インドルピー
Rs・・・パキスタンルピー

デリーからラホールへの行き方

1.デリーからアムリトサルに行く

最初にワガ国境の近くの都市アムリトサルに行きます。

デリーからアムリトサルへの電車での行き方は、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

ニューデリーからアムリトサルまでの行き方の徹底解説!
皆さん、ナマステ(インドの挨拶)!プレハネのゆきです。パキスタンに行きたいときや黄金寺院の観光・国境セレモニーの観覧するときに訪れる町がアムリトサルです。この記事では、ニューデリーからアムリトサルへの電車での行き方をご紹介します。...

2.アムリトサルで一泊する

デリーからアムリトサルの到着時間は深夜か夕方になります。

ワガ国境は朝の10時~夕方の16時までしか空いていませんので、必ずアムリトサルで一泊する必要があります。

※夕方に国境で面白いセレモニーが毎日あるので、到着日に観に行くのもオススメです。

インド・パキスタンの国境で大盛り上がり⁉クレイジーなフラッグセレモニーに参戦!
ナマステ!プレハネのまなみです!中央アジアの北朝鮮、トルクメニスタンに缶詰め状態だったので更新が遅れてしまいました(汗) さて、前回の続きでフラッグセレモニーが行われるワガボーダーまでやってきました。...


3.アムリトサルからワガ国境に行く

アムリトサルからワガ国境に行くために3つの手段を表にまとめました。

項目バスタクシートゥクトゥク
時間1時間30分40分1時間
料金35ルピー400ルピー350ルピー
場所バスターミナルどこでもどこでも
出発時間30分~1時間に1本いつでもいつでも
エアコンなしありなし

バスで国境まで行く

アムリトサルのバスターミナルに行きます。

こちらの建物が見えてたら、中に入りましょう。

チケットカウンターがありますが、直接23番のバスストップに行くように言われました。

こちらのバスはワガ国境近くのATTARIという町までしか行きません。

ATTARIの町のバス停には沢山のリキシャ―が待っていますので、リキシャ―に乗ってイミグレーションまで行きましょう。

4.インドの出国手続きをする

こちらのイミグレーションで出国手続きを済ませます。

パキスタン行きのイミグレーションということも相まって、パスポート検査や荷物検査が非常に厳しいです。

5.パキスタンのイミグレーションに行く

インドのイミグレーションの建物を出たら、すぐ近くにバスが待機しています。

このバスに乗って、パキスタンのイミグレーションに行きましょう。

こちらのバスは国境セレモニーの会場まで乗せてくれます。

真っ直ぐ歩いていくと、パキスタンのイミグレーションの看板が見えてきます。

6.パキスタンの入国手続きをする

入国審査自体はそこまで厳しいとは思えませんでしたが、パスポートチェックは何度もありました。

7.国境からラホールに行く

パキスタンの入国て手続きを済ませて、イミグレーションを出たら、ラホール行きのタクシーやトゥクトゥクの待機場所まで乗せてくれるバス停があります。

トゥクトゥクでラホールまで800パキスタンルピーと言われますが、500パキスタンルピーで行けます。

値段交渉と目的地を決めて、ラホールに向かいましょう。

まとめ

長くなりましたが、ニューデリーからラホールまでの行き方の説明でした。

ネットにはあまり参考になるようなサイトは無かったと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

皆さんのご旅行が安心・安全で楽しいものになることを願っています。



世界一周ブログランキングに参加しています!
私達の旅を応援してくださる方は下のバナーをクリックお願いします(怪しいサイトには飛びません)

コメント

タイトルとURLをコピーしました